プラスチック金型設計。二色成形、モーターレスネジ金型、コネクターなど幅広い金型の設計に対応いたします。

田村金型設計事務所
Tel:0229-32-2289
Fax:0229-32-3497
HOME
効率化・コスト削減を実現
会社案内
会社所在地
お問い合わせ

田村金型設計事務所

〒987-0015
宮城県遠田郡美里町青生字新鳴瀬85-1

Tel:0229-32-2289
Fax:0229-32-3497
Mail:info@tamura-s.com

NC network
NCネットワークに登録されています。
発展・成長 技術の向上による新たな挑戦を
金型設計と〜機構を設計する技術〜
1.金額では外国に勝てません。技術で勝負します。
2. 先進国日本の最先端技術、内ネジ抜き機構は、数多くのお客様に『今までできなかったモノづくりが
  出来た』
と喜ばれています。
3.成形機10tより、10回転を可能にしました。もちろんモーター無し、型開きのみ。
  ハイサイクル、長寿命、簡単構造、それがアイデアです。
4.今までネジ抜きをあきらめていたお客様(モーター無し)・・・簡単に出来るチャンスです。
5.同じ構造は、2回と使いません。いつも新しい機構を考え、御社のオリジナル金型を提供いたします。
モーターレス回転ネジ金型
ネジ金型をつくるとき、まだモータをご使用されていますか?
モーターを使用するネジ金型には様々な限界に直面する事があります。
【よくある問題】
●製品とシャフトがすれる。
●バックラッシュでネジ部に戻ってしまう。
●ネジの切り始めが一定でない。

当社の生み出した新機構のネジ抜き金型は、モーターを使用せず、製品とシャフトもすれないため、微調整も不要です。

生産性向上を、金型の機構という側面から 見直してみませんか?


新ネジ抜き型ご提案

・製品とシャフトが擦れる。
・バックラッシュでネジ部に戻る可能性があ
る。
・微調整がいる。
・いつまでの製品からシャフトが離れない。
・製品メクレがでない。
・製品とシャフトが擦れない。
・微調整がない。
・日本国内のネジ抜き型屋でも出来るところが少ない。
・今後、ネジ抜き型の基本となる構造です。
新規分野の開拓に
管型模型ではなく、機械金型設計に
一眼レフカメラのレンズまわりなど、精密・正確を要求される設計を中心に豊富な実績と経験を持つ弊社の技術を貴社の基本技術に取り込み、新規分野の開拓に活かしませんか?

田村金型の設計
単純に金型として設計する製品を考えるのではなく、金型を機械として考え、三次元的な動き(回転や分割など)を与えることで不可能と思われる製品の金型の設計を可能にします。
優れたコンピューターの計算だけではなく、培われたノウハウ・経験が、金型を一つの機械へと変えていきます。


Copyright(C)2006 Tamura kanagata sekkei jimusho.All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】